飲料専用アプリで、ユーザーも提供側もプラスチックボトルを出さないスマートな仕組みをつくる

​〜 水をシェアする時代をつくる 〜

地球のプラスチック問題は深刻です。

マイボトルの「持ち歩き」は定着しても、「中身だけ変える場所」が少なく、家でマイボトル に飲み物を入れて持っていっても、

午後には空っぽになって、ペットボトルを買って詰め替えているという人が実はとても多いのです。

 

また、コーヒーやお茶は、マイボトル にそのまま入れてくれるお店は増えたけれど、なぜかお水は買えないのです。

なぜなら、お水は店にとって「無料サービス」ですから。

これでは欲しくても「水だけ入れてください」なんてお願いできません。

それならと、ボトルトはこう考えました。

 

マイボトルを持ちたい人と、ドリンクだけを売ってくれる人やお店が、お互いをすぐに見つけて、

いつでも、どこでも、カンタンに「マイボトル に入れる中身」だけ買える仕組みを作ろう、と。

​そうした中、わたしたち BOTLTO は この問題の解決に向けて

​「シェア」と「社会貢献」を掛け合わせたサービス*をスタートしました。

* 特許出願中

© 2019 by BOTLTO Co., Ltd.